: Home > 最新情報 > 姿勢と椎間板(腰痛との関係性)

姿勢と椎間板(腰痛との関係性)

今年も早いもので 梅雨ですか、。
もうすぐ夏ってことですね。
犬好きで、院内にも優秀な犬のスタッフがおりますが、
犬が好きです
ついに、猫の魅力を知ってしまい猫がMAX好きになってしまいました。
毎日、猫背の人を見ているから? ではないでしょうが・・
というわけで、にゃーこんな猫を飼うための飼育に関して勉強中じゃ!
詳細は、また!

椎間板って?
骨と骨に挟まれた軟骨、椎間板ってどんなものか知ってます?
椎間板は、背骨と背骨の間にあるクッションのことですが、中は髄核というゼリー状に外は軟骨(線維軟骨)になっています。
椎間板があることで、体を曲げる・伸ばす・捻じる動作をサポートし、重力による衝撃を吸収し負担を減らします。
猫背姿勢で長時間に腰を丸くしている姿勢が続くと椎間板の前が狭くなり後ろが拡張するので、中の髄核(ゼリー)が後方に移動していきます。
そこに大きな負荷がかかると外側の繊維軟骨を突き破って破裂、髄核(ゼリー)が飛び出してしまい椎間板ヘルニアとなってしまうんですね。
不良姿勢で長時間の同じ姿勢というのはこのような状態に陥りやすく、繊維軟骨の柔軟性も低下してしまうので、腰痛になりやすい! なので腰痛で悩む人も姿勢を気にする方が増えているんですね!
背中を丸めて座る姿勢が楽で長時間行っているソコの貴女は要注意。
骨盤がいつも倒していると、肩甲骨も拡がってきますよ!