肩こり 肩甲骨矯正

肩こり 肩甲骨矯正

目的に合わせた骨盤矯正!

美容 = 骨盤矯正(産後) = 症状

骨盤矯正には、利用目的も様々

産後の骨盤矯正1

骨盤矯正の利用目的には、
・股関節周りの引締め
・猫背や姿勢の改善
・反り腰の改善
・受け腰の改善
・肩こり・腰痛のため
・産後の回復のための骨盤矯正
・反張膝の改善
などなど・・、目的は様々です。
下肢の筋バランスと骨盤の状態を確認し、骨盤矯正施術により調整することと
立位体重バランスの悪いクセを排除し、正しい歩行が行えるように指導していきます。

肩こり・腰痛も筋膜リリース

産後の骨盤矯正2

筋膜とは、全身の筋肉や骨、全ての臓器を包み全身を覆っています。
筋膜の柔軟性が低下すると筋肉や関節が正しく動かなくなり
筋の不バランスが原因で姿勢保持が難しくなります。
筋膜の過緊張や捻じれや癒着によって、不良姿勢が続くと
血液やリンパの体液循環が悪化して肩こり、腰痛などを発症させます。
筋膜を柔軟に保つことは、筋肉の収縮活動がスムーズになり、血液リンパ循環を促進させます。
姿勢の保持にも筋膜の張力が影響しています。
過緊張状態の筋膜をリリースして関節の動き、筋の働きを改善して美姿勢を目指しましょう!

肩甲骨の動きをチェック
~肩甲上腕リズム~
肩こり 肩甲骨矯正
  • 腕を30度挙げるまでは肩甲骨は動きません。
  • そこから腕を真横まで挙げたとき、肩甲骨は30度回転します。
  • その状態(真横)から真上まで挙げたとき、さらに肩甲骨は30度回転します。

肩こり 肩甲骨矯正

このように、肩甲骨と腕は共同した連動リズムで動きます。
首や肩がコル、腕が挙げずらい、痛みが出るなどの症状は肩甲骨の動きが悪くなり
連動リズムが崩れてしまっているかもしれません。
このようなケースでは・・・
マッサージではなく肩甲骨矯正で肩甲骨の動きを回復させて肩・肩甲骨まわりの症状の解消を目指します。
同時に肋骨矯正により胸郭の動きが良くなると呼吸がしやすくなり十分に酸素を取り込んだ血液は全身の細胞に供給できます。
コリや痛みは、筋肉の酸素不足です!

肩こり 肩甲骨矯正

>> ご予約(メニュー)ページはこちら