• mixiチェック

荻窪 腰痛やヘルニア痛も整体OK

■2017/02/19 荻窪 腰痛やヘルニア痛も整体OK
腰にヘルニアを発症した為、腰痛に悩んでいる方も来院されます。
例えば、ヘルニアが起こりやすい場所の腰の骨の4番目と5番目(一番下)の下の椎間板の中の髄核という物質が後側、外側に飛び出すことで神経を圧迫します。
その場所で神経圧迫されると、主に膝下の外側や足に症状があらわれます。
来院される方の不調の部位はお尻や腰、太腿から下まで幅広く、神経の圧迫部位と関係ない部位が多いのが現状です。
神経の圧迫部位による痺れや痛みの場所の関係が無いのです。
ということは、ヘルニアが腰痛を引き起こしているのではないのであれば、腰痛を引き起こす筋肉の緊張をなくせば、症状は良くなるはず。
考えられる一つのパターンとして、
椎間板内の髄核が飛び出させるような腰骨を過度に引っ張ってしまう筋肉が強く短縮してその緊張状態から戻らなくなり、機能低下のため他の筋肉が代償労働をした結果、現れた症状と考えられます。
だから、腰骨を過度に緊張させてしまう筋肉は、大腰筋や背筋、腹筋郡ですが、
前後1対1のバランスの機能改善が 重要です。
なので、骨格に過度なストレスを与える筋機能のアンバランスがヘルニアを発症させた。
のであればアプローチすべく筋肉の調整を適切に行うと良い姿勢になりストレスが軽減されます。
※症状の現れているところの施術ではなく、その原因を作ってしまったところが鍵!
野の部位の緊張が解消すると、症状は緩和していきます。
※実際には、神経が圧迫されると麻痺します。痛みやシビレはでません。

Page Top 詳細はこちら


◇◆◇◆◇◆*・・・*◆◇◆◇◆◇
  TSL とがし整体Labo
  http://www.tsl-seitai.com/
    03-3391-5280
〈猫背・巻き肩・姿勢骨盤矯正〉
〈小顔・妊婦・ブライダル整体〉
 日本姿勢矯正士協会 東京支部
◇◆◇◆◇◆*・・・*◆◇◆◇◆◇